リンパマッサージ 自宅でエステ

アクセスカウンタ

zoom RSS 腕や脚が腫れ上がるリンパ浮腫「自宅でできるセルフケア」

<<   作成日時 : 2007/09/18 18:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


がんの治療の後遺症「リンパ浮腫」


画像リンパマッサージ方法、理論を指導しているが最近、リンパマッサージの抗議を受けられる方に、リンパ浮腫の方が増えてきた。

今月だけでも4人の方が講義を受けにきている。
リンパ浮腫のことをご存知ない方もいると思うのでニュースでとりあげられた記事を読んでほしい。以下参照


腕や脚が、服、靴の入らないほどむくむ「リンパ浮腫(ふしゅ)」。子宮がん、卵巣がん、乳がんの手術で周辺のリンパ節を取り除いた場合、二−三割の人が発症する。だが大部分のがんの治療現場では、リンパ浮腫の説明や治療がされてこなかった。 (吉田瑠里)

 岐阜県の女性(73)は三年前から、左脚が腫れ始めた。足首の太さの差は左右で約十センチに。靴が履けなくなり、三カ月間、さまざまな診療科を訪ねた。「エコノミー症候群では」と言われて訪ねた心臓外科で、ようやくリンパ浮腫と診断された。十年前の子宮がん手術の合併症だった。

 手術後、五年間定期検査に通ったのに、何も説明はなかった。がん手術の担当医を訪ねたら「やっぱり出たか」。東海病院で平井正文愛知県立看護大教授(外科)の診察を受けた。弾性ストッキングを朝から晩まではいて、リンパマッサージを続け、足首は約五センチ差まで細くなった。

 平井教授が、原因を調べたところ、上肢に発症した患者百十九人の99%、下肢に発症した患者二百五十三人の90%が、がんの手術の合併症によるものだった。だが、大部分の患者は手術前後にリンパ浮腫の説明を聞いたことはなかった。

 心臓から全身に流れた血液は、すべてが静脈で心臓に戻るのではなく、約10%はリンパ液となってリンパ管を通って戻り、首の付け根の部分で大静脈に合流する。ところが、がんの手術でリンパ管が損傷を受け、リンパ液がうまく流れなくなると脚や腕などにたまり、リンパ浮腫となる。

 正座や歩行が難しくなるほどむくみ、今までの服や靴が入らなくなり、痛みやだるさに悩まされる。悪化すると皮膚が硬くなり「象皮病」と呼ばれる。ちょっとしたけがでも細菌感染しやすく、皮膚が赤く腫れ、四〇度ほどの高熱が出る蜂窩織炎(ほうかしきえん)という炎症を起こす。

 平井教授は血管外科医としてリンパ浮腫の治療に当たり「がんを治療する病院が予防と初期治療に当たるのがよい」と感じてきた。愛知県がんセンター、岐阜大、三重大、名大らとも合意し、今年七月、二十人の医師で「がんのリンパ浮腫研究会」が発足した。リンパマッサージのセラピスト(治療者)の人材養成、がん手術前後にリンパ浮腫の説明を進めることなどを主に活動する。

 ほとんど完治しないため、予防と、早期発見、早期治療でひどくならないうちに食い止めるのが重要だ。原因が分からず、いろいろな診療科を回って時間が過ぎるのを避けるため、がんの手術をした患者はリンパ浮腫の存在を念頭に置きたい。自分の腕や脚を注意して観察したほうがよい。手術から三十年後でも起こることがある。日常生活でうっ血や炎症を避け、発症を防ぎたい。

 発症した場合は、弾性着衣(ストッキングや長手袋)とマッサージで症状が和らぐ。研究会は看護師を中心にマッサージの講習を行い、患者にコツを教えられるようにしていく。

 リンパ浮腫の患者は十万人以上と推定されている。弾性着衣やマッサージは保険がきかず、患者の経済的負担は大きい。

 「スカートがはけない」「農業が続けられず、やめた」という患者を診察している平井教授。「がんの手術の前から、リンパ浮腫という合併症の存在と予防の大切さを説明し、発症自体を減らしていきたい」

【参照記事】腕や脚が腫れ上がるリンパ浮腫(中日新聞)






リンパ浮腫は一度発症してしまうと抜本的な治療法はなく進行すると完治が難しい。
早めに気づいて対処すれば進行もふせげる。

正しい知識を身につけて気長に上手に付き合うことが大切。

自宅でできるセルフケア


基本は老廃物などがたまらんあいようにケアを続ける。

@ 体内の循環を整え、たまったリンパ液をほかの部分へ流すリンパドレナージ(リンパ排出)
通常のリンパマッサージは、老廃物をリンパ節に流していくが乳がん、子宮ガンの方はリンパ節を取り除くため。ここのリンパ節には流さないようにする。

リンパ浮腫専門のリンパマッサージの方法があるので参考にされるといいです。

リンパ浮腫のBook


Aスリーフやサポーターなど弾性着衣、包帯による圧迫療法

B圧迫したまま筋肉や関節を動かしリンパの流れを促す運動療法

C肌の乾燥や感染症を防ぐスキンケアの対策を組み合わせる。

ただし医療機関で受ければいずれも医療保険の対象外だ。


リンパ浮腫のケアができる医療機関が少ない。そこで九州中央リンパ浮腫センターでは
リンパドレナージのやり方と弾性着衣や包帯の着用、運動療法を画面を見ながら実践できる
DVDを製作した。

リンパドレナージはリンパの流れに沿って体や手足の皮膚をずらさないようにさすり、皮下の毛細リンパ管を動かしてリンパ液を誘導する。

注意するのはマッサージと異なり強い圧を加えないこと。
圧が強いとリンパ管が押しつぶされてリンパ液の流れが悪くなる。


このDVDは鬨の会に(年会費3,000円)に入会すれば無料で入手できる。
入会を希望しない人も、別途送料必要だが3,000円で発売する。

■問合せ

同会事務局 九州中央病院リンパ浮腫センター

092-541-4936

【参照記事】がん治療の後遺症「リンパ浮腫」(西日本新聞)

関連記事



リンパ浮腫を考えよう!
乳がんは治療が終わっても後遺症と闘わなければならない!
乳がんは自分で探すことができる

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
腕や脚が腫れ上がるリンパ浮腫「自宅でできるセルフケア」 リンパマッサージ 自宅でエステ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる